Wordを学ぶ前に

本サイトの目的は、Wordの地位向上です。いきなり言っても困惑されると思いますが、簡単に言えば皆さんにこの便利なWordをもっと利用してほしいということです。特に初心者の方には、この便利さを知っていただきたいと思っています。

あなたは、WordとExcelどちらをよく使いますか。

おそらくExcelと答える人が大半だと思います。私の近くの人たちに聞いてみたら7割がExcelでした。

このExcelと答えた人の中には2種類の人がいます。

Excelに足し算や引き算等(あるいはもっと複雑な計算)の計算をやらせるためにExcelを使っている人と、Wordが使いにくいからなんとなくExcelを使っている人です。言うならばWord初心者です。

前者なら何一つ問題はありません。

問題は後者の人たちです。Wordの便利さを知らないばかりに、Excelのセルを大きくしてその中に長い文章を書き込んでいる人たちです。

わかります。「だってWordは思い通り動かないことが多すぎるじゃないか」

そうおっしゃりたいのは痛いほどわかります。

私のイメージとして、Excelは初めの一歩が簡単でそこから色々発展していきます。その一方、Wordは初めの一歩に至るまでが難しく、多くの人が半歩ぐらいで止まってしまっています。皆さんには、是非とも最初の一歩を踏みしめていただきたいのです。

 

大げさなことを言いましたが、皆さんに「WordとExcelどっちを使おうかな」と思わせることができれば私としては、大変うれしく思います。

WordにはWordの、ExcelにはExcelの仕事分野があります。Excelは確かに便利ですが、Wordを使えばもっとスムーズにスマートにできる時もあります。

それを理解し、正しい時に正しい用法でWordをお使いください。

 

それでは、Wordの各場所を紹介して第1章に入っていきましょう。

上記が、これからの説明で出てくるWordの各場所になります。

例えば、「段落」の設定画面を使用するときは、【ホームタブ:段落グループ:段落ダイアログ】と示しますのでよろしくお願いします。

目次

第1章 スタイルの基本について
第2章 インデントについて
第3章 ページを区切る(セクション)
第4章 アウトライン
第5章 目次の作成を選択
第6章 ヘッダーとフッダーの調整
第7章 スタイルの応用1
第8章 スタイルの応用2
第9章 ナビゲーションウィンドウの利用
第10章 一改ページ位置の制御(段落の分離を防ぐ)
第11章 タブとリーダー
第12章 変更履歴の活用
第13章 コメントの活用
第14章 テンプレートの活用
第15章 スタイルの文書間移動
第16章 文字数と行数の調整について
第17章 画像を自由に配置する
第18章 箇条書き

 

追記

本サイトを御覧の中には、Word2016をお使いの方もいると思います。そのような場合でも特に問題なく本サイトをお使いいただけます。
Word2016は追加機能が少なめで改良点も少ないです。Word2016とWord2013のリボンの違いとして、「ページレイアウト」が「レイアウト」に変更されています。
機能面での変更はこの程度ですので御安心ください。