第18章 箇条書き

この章を読んでできるようになること

文書を作成するうえで箇条書きは避けて通れない道だと思います。当然、Wordには箇条書きの書式は用意されていますが、使いこなすにはコツがいります。そのため、ここでは、今までの知識を利用して疑似的に箇条書きを再現します。疑似的といっても箇条書き書式を使わないというだけで、こちらのほうがより分かりやすいと思います。

本章では、インデントを利用して箇条書きを再現していきます。

用語の説明

今回はありません。

やり方

1行で収まる箇条書き

1行で収まる箇条書きは簡単です。その行に対してインデントを設定し、Enterキーを押していけば自然と箇条書きの下地は完成します。(インデントについては第2章を参照してください。)

2行以上の箇条書き

さて、インデントの指定だけでは2行以上の箇条書きは不可能です。やってみてもらえればわかりますが、以下のようになってしまいます。

これを防ぐためには、ぶら下げの書式を利用する必要があります。箇条書きにしたい文章を選択し、【ページレイアウトタブ:段落グループ:段落ダイアログ】を開いてください。(ホームタブからでも開けます。)

その設定画面の「インデント」項目の右側に「最初の行」と書いてある場所があります。

ここをインデントと組み合わせるように設定する必要があります。実際にやる場合は、試しに数値を入れてみて思った通りになるか、その都度確認しながらやると良いと思います。

今回は左インデント1字、ぶら下げ6字の設定で文書を書いてみます。すると以下のように箇条書きを設定できていることが分かるかと思います。

もし、この段階で箇条書きの1行目と2行目の始まりが微妙にずれて気持ち悪いという場合は、Tabキーを使えば解決する場合があります。仮に解決しない場合は、インデント数値を小数点以下で設定する、又は指定単位に「mm」を利用して微調整をすれば解決します。

それではTabキーの使い方を書いていきます。

下の画像のような時、1行目の行頭にカーソルを合わせてTabキーを押してください。

(画像内では、分かりやすさを優先して字送りの値を変更しています。)

1行目の2行目の行頭がぴったりと合うことがわかると思います。このような小技も覚えておくとストレスが減ることでしょう。

Tips

(1)や「・」などの文字を入力したあとにEnterキーを押すと、Wordが勝手に「箇条書き」や「段落番号」の書式が指定してしまうことがあります。この自動指定を解除するときは、「オートコレクトのオプション」をクリックし、「箇条書きを自動的に作成しない」または「段落番号を自動的に作成しない」を選択すれば解決します。